TOP 問合せ
テスト


施 工 例


耐震壁・地下外壁

地中連続壁を、仮設だけでなく、耐震壁に利用したいという要望は、この工法の導入直後からあった。
耐震壁に利用する場合、地下壁は地震時ビル上層部の揺れによる壁にかかる面内せん断力に耐えなければならない。
施工法に見る通り、地中連続壁は縦方向の施工継手があり壁相互のせん断力の伝達はできないが、継手に構造継手を用いることにより、これが可能となった。
建築構造物の耐震壁に用いる場合、(財)日本建築センターの性能評価を必要としている。地中連続壁を本体壁として使うが、耐震壁は後施工とする方法もあり、多く使われている。この場合も性能評価は必要となっている。

ホテルニューオータニ・ガーデンコート

工事概要
工事場所 :東京都
連壁用途 :山留壁・地下外壁・耐震壁

施工概要
壁厚 :0.7mm
深度 :24.5m
施工面積 :1,100mm2

常和新横浜ビル

工事概要
工事場所 :神奈川県
連壁用途 :山留壁・地下外壁・耐震壁

施工概要
壁厚 :1.0m
深度 :30.0~41.0mm
施工面積 :7,300mm2

基礎・杭

地中連続壁の施工法は、基本的に場所打ち杭と同様であり、杭基礎としての利用は必然であった。
場所打ち杭が基本的に円形であるのにくらべ、地中連続壁は 任意の平面形状が可能である。
また、構造継手を用いれば、非常に剛性の高い基礎を形成できるので、大型構造物(超高層ビル、タワー、橋脚など)の基礎としての利用が増えている。
特殊な事例としては、場所打ち杭を支持杭として、地中連続壁でこの杭を連結する構造として剛性を高めた基礎の事例もある。

ザ・シーン城北高層ビル

工事概要
工事場所 :愛知県
連壁用途 :建物基礎
形   状 :楕円

施工概要
壁厚 :1.5m
深度 :21m

川崎航路トンネル立坑基礎

工事概要
工事場所 :神奈川県
連壁用途 :橋脚基礎

施工概要
壁厚 :2.0m
深度 :76.521m
施工面積 :17,200m2

円形立坑・地下タンク

地中連続壁は、それまでの土留め壁と違って厚さをもったコンクリートの壁を地中に築造できることに着目し、これを円形とし、地下タンクや大規模構造物の基礎を作ることが提案され、大規模なLNGタンクや、大深度構造物に利用されるようになった。
地下構造物を作る際は掘削にともない土留め壁の変形を防ぐため、土留め支保工(切梁やアースアンカー)が必要とされるが、円形地中連続壁は土圧及び地下水圧を壁の円周方向にかかる圧縮力に対する圧縮耐力(アーチアクション)のみで支えることができるため、土留め支保工は必要がなく、掘削工程・地下構造物構築工程の短縮及び施工の安全に大いに効果があり、近年の大規模地下構造物には標準的に採用されている。
もちろん、この円形地中連続壁そのものを、大深度基礎に用いることも可能である。

東扇島LNG地下タンク

工事概要
工事場所 :神奈川県
形状 :円形(円筒形)

施工概要
壁厚 :1.2m
深度 :82.5~88m
施工面積 :89,000m2

LNG(液化天然ガス)は、クリーンなエネルギーとして電力ガスの主要な原料として大量に輸入され主に海岸近くの埋立地に地下LNG基地として建設された。 
LNGは極低温(-161度程度)であり、この貯蔵は地下が好ましく地下タンクが要求された。地中連続壁の深さは100mを超えるものある。

東京湾横断道路換気立坑

工事概要
工事名称 :東京湾横断道路換気立坑
工事場所 :東京湾
連壁用途 :シールド立坑/基礎

施工概要
壁厚 :2.8m
深度 :120m
施工面積 :18,400m2

東京湾横断道路(東京湾アクアライン)の換気塔として風の塔の立坑。
川崎沖合5kmに人工島をつくり、円形の地中連続壁を(直径約100m 地中連続壁深さ約120m 壁厚2.8m)作り、立坑深さ約70mを掘削し、シールドの発進立坑とし、そののち、換気塔基礎(風の塔)となってアクアラインの重要施設とて活躍している。
この工事のセット(円筒立坑と大断面シールド)は、大規模地下貯留槽・放水路や地下高速道路・地下鉄などに多く採用されている。

土留め止水壁

地中連続壁のもっとも一般的な用途といえる。
しかし、あまり深くない掘削の場合で仮設土留めが必要な場合、鉄筋コンクリートではなく、現地発生土を用いたソイルセメントを用いて、芯材としてH型鋼材などをいれたCRM工法や、SMW工法などが利用されることが多くなって来ているが、大深度掘削の場合はRC連壁が採用されるのが一般的である。

丸の内野村ビル

工事概要
工事場所 :東京都
連壁用途 :止水壁・山留壁

施工概要
壁厚 :0.8m
深度 :38.6m
施工面積 :3,600m2

三郷浄水場

工事概要
工事場所 :東京都
連壁用途 :止水壁・山留壁

施工概要
壁厚 :1.2m、1.5m
深度 :45.7~50.7m
施工面積 :20,600m2

東京電力柏崎刈羽原子力発電所

工事概要
工事場所 :新潟県
連壁用途 :仮設土留壁

施工概要
壁厚 :0.9m
深度 :44.5m
施工面積 :19.250m2

ダム(本体)止水壁


金城ダム

金城ダム

宇奈月ダム

ダム上流仮締切止水壁(宇奈月)